オオクワガタ血統  

ブリードスペース

ブリードスペース

振り返れば、大型サイズ作出に挑戦する前の2010年度は
リビングルームにあった棚の中で常温管理をしていました。

盛夏時期は深さのあるケースを用意し、氷水と保冷剤を
入れたケースの中に、菌床ボトルを投入し、毎日朝晩
氷水を取り替えていました。

当時、「専用ブリードルーム(スペース)なぞマニアの方がやる
もんだ。」
そう考えていましたが、おそらく私も既に十分マニアック
なんでしょうか・・・

その後、ワインセラー、ショップレンタルスペース飼育管理を
経て大型作出への挑戦から3年目となる2013年度より、
実家6畳の洋室に2畳程のスペースを作り、
エアコン管理による「ブリードスペース」を設置し
飼育管理を始めています。

小さいながらもブリードスペース設置にあたり
我が家には幾つかの拘りが。
一番の拘りは*「窓なしスペース」

ブログでも紹介していますが、メルリンさん
ブリードルームを主水さんと訪問させて頂きました。
トップブリーダーであるメルリンさんは、
「窓なしの専用ブリードルーム」
明かりを最小限に抑えた環境です。

我が家の場合作業は、ブリードスペースでなくとも
出来るため、完全に幼虫のための飼育専用スペース。
少し大きなワインセラーのイメージですね。
間仕切りとして「遮光&遮熱&防音」カーテンを使用しています。

「遮光&遮熱&防音」特に音にも拘る防音カーテン。
おそらく今のところ他にはいないのでは。

また既にエアコン管理をされている方々の情報を聞く
限り、特に季節の変わり目の温度管理に皆さん苦慮され
ているようです。

例え狭くとも「温度の安定」を最優先することに。
2014年度からは、保温&断熱シートを床、壁、天井に
取り付けています。

[check]*その1.プラズマクラスターエアコン

風が直接あたらないロングパネル気流(包み込む気流)
プラズマクラスター エアコン(浮遊カビ菌を除去)
2012年の型落ちモデル。

[check]*その2. 防音カーテン

質量は1.2Kg/と重く遮音性能は高いです。
遮光1級ですのでスペース内は真っ暗になります。
よってキノコ子実体の発生は軽減することが出来るの
ではと考えています。

[check]*その3.スチールラック

ルミナス・レギュラーシェルフを選択しました。
耐荷重250Kgとかなり安定感があります。
防錆加工タイプ。

[check]*その4. 温度・湿度計

おんどとり データローガ 温度・湿度計測タイプ
温度・湿度それぞれデータをパソコンに吸い上げることが可能。 
記録データ数は8,000個。  
60分間隔で約1年間連続記録が可能です。

[check]*その5. 保温&断熱対策

効果の検証目的もあって2013年度には敢えてやらずにいた
スタイロフォームと保温&断熱シートによるブリードスペース
環境改善を2014年度からは実施しています。
断熱材とは、外気温の影響を和らげ、屋内の温度を一定に
保つ部材。
スタイロフォームの熱を伝えにくい特長は、
冬の寒さ はもちろんのこと、暑さにも有効。
また温度を一定に保つことで、冷暖房のエネルギー消費を
抑える効果が期待できます。




ほぼイメージ通りのブリードスペースとなりました。
本当嫌味な程にやりたい放題。
これは頑張って先行投資分を回収しないといけません。
大型サイズ複数頭作出!

その前に産卵させないと始まりませんが・・・(^_^;)

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明
画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional